Menu

  1. AGA専門サイトTOP
  2. HARG(ハーグ)療法について

HARG(ハーグ)療法についてHARG

HARG(ハーグ)療法とは

HARG(ハーグ)療法とは医療機関でのみ治療可能な毛髪再生医療です。

HARG療法は人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入します。同時にHARGカクテル(ビタミンB、ブフロメシル、システィン)も注入いたします。注入された成長因子やHARGカクテルは、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激して、発毛を促進させます。
HARG療法は、男女の性別に拘わらず、頭皮の育毛と増毛を可能にする最新の毛髪再生治療です。世界各国における共同研究のもと開発された、毛髪再生の有効成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法で、医療機関でしか施術することができない発毛・育毛療法です。

横浜中央クリニックは日本国内においてこのHARG療法の検証と施設設定を行っている日本医療毛髪再生研究会に施術施設として設定された医療機関です。

<HARG療法の注意事項と副作用(リスク)>

HARG療法療法では、脂肪幹細胞を抽出し、培養して分泌される様々なたんぱく質を生成滅菌したAAPEパウダーを使用します。
一定期間継続して受けて頂く事により効果が現れてきます。
治療後は、施術部位から一時的ににじむ程度の出血がみられる場合がございますが、すぐに落ち着きます。
ヘアカラーやパーマは治療前後2週間は控えてください。

「AAPE」は国内では、薬事法上の承認を受けておりません。
※承認を受けていない医薬品について、厚生労働省ホームページに注意点が掲載されておりますので、ご参照ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

【国内の承認医薬品等の有無】
現時点では同一成分を有する国内承認医薬品はございません。
【主要な欧米各国における承認・使用状況】

当院のHARG(ハーグ)療法の特徴

HARG(ハーグ)療法は世界中で発毛実績が認められています。

01高い発毛率!

人間の組織を形成する「幹細胞」とこの幹細胞から抽出された150種類以上の「成長因子」によって毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激することによって発毛を促進させます。

02発毛まで3ヶ月! 速い発毛期間!

当院で治療を受けた患者様の平均的な発毛期間は3ヶ月です。
早い方では1ヶ月で発毛する方もいらっしゃいます。
一向に発毛する気配もなく、ただただ費用を払い続ける民間療法と比較してみてください。

03痛みが少ない毛髪再生治療

当院では、痛みをやわらげるため、麻酔を用意しています。心地よい眠りで目が覚めた頃には施術が終わっている麻酔方法です。注入する成分は、ビタミンHやB、アミノ酸など髪の成長に必要な成分と成長因子に分かれます。 アレルギー起因物質が含まれてないためアレルギー体質の方でも問題なく治療を受けていただくことができます。
痛みに弱い方はHARG療法の新しい注入法「U225(メソガン)」と「MEDJET(メドジェット)」をお勧めしています。患者様からも好評で話題のU225による注入は、非常に細い針で製剤を注入するため注入時の安定性と少ない振動で痛みが軽減されます。MEDJETは、炭酸ガスの噴射による圧力で先端30ミクロン(0.03mm)の穴から薬剤を皮膚の中に散布するので、針を使った注入法と比べて痛みは70%軽減されるので麻酔が不要となります。

04「抜けない」そして、さらに「育毛・増毛」!

まずは発毛を促し、発毛を確認した後、徐々に治療回数を減らし、育毛・増毛を促していきます。

05女性の薄毛にも発毛効果!

AGAで使用されるフィナステリドを始め、従来の薬品や錠剤は男性のみに効果が認められ、女性には副作用を誘発する可能性があることから使用できませんでした。
しかし、HARG療法は人間の組織である「幹細胞」が元になっていますので、女性にも効果が認められる治療法です。
当院では、女性には極端に痛みが少ないU225やMEDJET(メドジェット)を使用した注入法をお勧めしています。

HARG(ハーグ)療法で注入するカクテルの含有成分

HARG療法に用いられるタンパク質には150種類以上のグロスファクターが含まれており、それぞれが毛髪の再生に関与します。通常は2-3種類しか含まれません。

HARG療法で使用する製剤は、脂肪間細胞から抽出されるタンパク質をガンマ滅菌処理したプロテイン成分を主成分としたものです。副作用やアレルギーなどの心配がほとんどなく、フィナステリドやロゲインなど投薬治療ができなかった方でも治療が可能です。

  • PDGF (血小板由来成長因子)
  • Basic FGF (線維芽細胞成長因子)
  • KGF (ケラチノサイト成長因子)
  • TGF beta1 (トランスフォーミング成長因子)
  • HGF (生体細胞成長因子)
  • VEGF (血管内皮細胞成長因子)
  • Collagen, Fibronectin(コラーゲン・フィブロネクチン)
  • SOD (活性酸素除去成分) 他150種類以上
成長因子効果
PDGF
(血小板由来成長因子)
血管を作る働きがある。またダメージを受けた部分の修復を促す働きもあり、損傷した頭皮や毛包の修復を促し、発毛促進・脱毛予防の効果が期待できる。
Basic FGF
(線維芽細胞成長因子)
毛母細胞の増殖を促す働きがあり、発毛を促進の効果が期待できる。
KGF
(ケラチノサイト成長因子)
髪の毛や皮膚が形成される際に必要なケラチン生成細胞を活性化し発毛環境を整える。毛包の成長を活発(発毛促進)にするとともに毛包を保護(脱毛予防)する。
TGF beta1
(トランスフォーミング成長因子)
抜け毛を促進する働きがある。毛周期を制御する。
HGF
(生体細胞成長因子)
休止期の毛包を成長期へと誘導し、毛髪の強化を促進する。
VEGF
(血管内皮細胞成長因子)
毛包に栄養を与える新生血管の形成を促進し、育毛の促進や毛髪の増量に働きかける。
SOD
(活性酸素除去成分)
活性酸素を除去する。

医学的根拠のあるAGA治療法

医学的根拠のある、高い効果が得られる毛髪再生治療

AGAの症状は原因や経年からみても様々です。右のイラストにあるTypeIIIのように完全に毛髪が失われてしまって頭皮が固くなっている場合は、HARGカクテルを注入しても細胞が再生しない場合が多く、TypeIIのように「うぶ毛」であっても、存在している部位が対象となります。

HARG(ハーグ)療法の注入法

当院は3つの注入法から選べます!

当院では、注射器や注入器による注入法と針を使わない「MEDJET(メドジェット」を使用したノンニードルHARG浸透注入療法という方法で成長因子・HARGカクテルを投与しています。患者様の薄毛・AGAの状況により医師が判断し、状態に適した投与方法を選択し治療を行っていきます。

注射針による注入法

頭皮表面から3〜 5mmの深さに髪の元となる毛母細胞があり、毛乳頭からの指示で分裂と増殖を繰り返して髪は作られます。発毛を促進させるにはこの毛母細胞を活性化する必要があります。LED光治療で使用する赤色LEDは毛乳頭まで届くため、発毛効果を促進させることが可能です。

U225(メソガン)

新しい育毛メソセラピー
薄毛が気になる部位に効果的に注入!

U225(メソガン)とは、フランスの航空産業技術に基づいて開発された、高品質の新しいインジェクター(注入器)です。
非常に細い針で製剤を注入するため注入時の安定性と少ない振動で痛みが軽減されます。
麻酔なしでもほとんど痛みを感じないのも特徴です。 また、注入時の深度と注入量を詳細にコントロールできるので、皮内注入の液漏れがほとんどなく、正確性の高い治療が可能です。

U225

U225はこんな方におすすめ!

  • 仕事や学校が忙しく、あまり通院することができない
  • 治療後のダウンタイムが気になる
  • 以前、痛くてHARG療法や育毛セラピーをやめてしまった

U225の特徴

特徴1

身体への負担が少ない

痛みがほとんどなく、麻酔なしで施術が可能。注射後の腫れや赤みも少ないため身体への負担が軽減されます。

特徴2

正確性が高い治療

注入時の深度や注入量を目的に合わせて調整できるため正確な治療が可能です。

特徴3

施術時間が短い

1分間に425ショット注入することができるため一度の施術にかかる時間を短縮することができます。

注入機器による治療の比較

 U225(メソガン)注射器水光注射
痛みほぼなしありあり
出血術後に点状の出血が見られる程度ありあり
麻酔なしありあり
ダウンタイム1日未満1日〜2日2日〜3日

MEDJET(メドジェット)

ノンニードルHARG浸透注入法

通常のHARG療法は、注射器を使い製剤を針で注入するため痛みが強く、治療を断念する方もいらっしゃいます。注射器ではなくダーマローラなどを使用するクリニックもございますが、HARGカクテルが毛根まで到達せず十分な効果を得ることができません。

MEDJET

当院では、HARG療法の難点である“痛み”を克服するため、MEDJET(メドジェット)を新たに導入しました。MEDJETを使用したHARG療法はノンニードルHARG浸透注入療法といいます。炭酸ガスの噴射による圧力で先端30ミクロン(0.03mm)の穴から薬剤を皮膚の中に散布するので、針を使った注入法と比べて痛みは70%軽減されるので麻酔が不要となります。これにより、痛みに弱い方にもにHARG療法が受けられるようになりました。治療回数は通常3〜4週間毎に4〜10回(1クール)の治療が一般的です。繰り返し継続することで抜け毛の減少や再発毛の効果を実感していただけます。

MEDJETはこんな方におすすめ!

  • HARG療法の痛みで治療を断念してしまった方
  • 薄毛、脱毛症などでお悩みの方
  • 女性で薄毛でお悩みの方
  • これまで他院で効果が得られなかった方

MEDJETの特徴

特徴1

針を使わない、針を刺さないから怖くない!

製剤は0.03mm(30ミクロン)のジェット流で皮膚表面に噴射されます。

特徴2

痛みが少ないから、麻酔不要!

蚊にさされても気がつきませんが、MEDJETは蚊の針の約半分(30ミクロン)の水流で浸透注入します。

特徴3

規定量を均一に注入できるから効果が高い!

HARGカクテルの注入規定量を均一に注入することができるので、再現性があり高い効果が期待できます。

特徴4

治療時間が短い!

患部を消毒してすぐに治療が行えるため、今までのHARG療法よりも短時間での治療が可能となります。

ノンニードルHARG浸透注入法はなぜ痛くないの?

通常のHARG療法で使用している注入針は0.26mm。蚊の針が0.06mmです。蚊に刺されても気づかないことが多いですがメドジェットは更にその半分0.03mmと細いので麻酔を使用せずに痛みをほとんど感じず治療することが可能です。HARGカクテルは0.03(30ミクロン)のジェット流で皮膚表面に噴射されます。

33G針とMEDJETの拡張圧の違い
施術方法
施術時間
1回 10〜30分
※症状によります
施術回数
通常3〜4週間毎に4〜10回(1クール)
※繰り返し継続することでより効果が得られます。

HARG(ハーグ)療法の治療の流れ

横浜中央クリニックは日本国内においてHARG療法の検証と施設設定を行っている日本医療毛髪再生研究会に施術施設として設定された医療機関です。

01受付

カウンセリング予約フォーム よりご予約ください。
お急ぎの方(2日以内に予約を希望される方)は、直接お電話にてご予約ください。
0120-324-871 (受付 9:30〜19:00)年中無休

専門カウンセラーや担当医師が、遺伝や生活環境、色々な頭髪の悩みをお聞きします。カウンセリングは約30分です。お気軽にご相談ください。

02カウンセリング・診察

頭髪の状態を詳しく診察し、HARG(ハーグ)療法または他の方法など状態に適した発毛治療をアドバイスいたします。治療計画を立てて、治療費やお支払方法を決めて、治療を開始します。当院のHARG(ハーグ)療法は、お試し1回、1/2クール(3回)と1クール(6回)をご用意しております。通常は1クール(6回)をおすすめしていますが、お試しで1/2クール(3回)を受けていただいても良いと思います。ご希望であれば当日の施術も可能ですので、お気軽にお声がけください。

※当院では無理な勧誘などは一切行なっておりません。皆様が安心していただける医療サービスを提供しています。

03写真撮影

施術前の前頭部、後頭部、側頭部、頭頂部の写真を撮影させていただきます。
次回以降も治療都度に撮影し施術前の状態と発毛の状況を確認していただきます。
無断でホームページや広告に使用することはありません。
どうぞご安心ください。

04施術

注入法またはノンニードル「MEDJET(メドジェット」を使用したノンニードルHARG浸透注入療法、U225を使用した注入法で「HARGカクテル」と「成長因子」を頭皮に投与します。
投与後は頭皮の血流が高まるため、多少頭皮が赤みを帯びますが、大きく目立つことはありません。また、施術の際には、個人差はございますが痛みを伴う場合があります。そこで当院では、痛みに弱い方、痛みを避けたい方にはノンニードル「MEDJET(メドジェット」を使用したノンニードルHARG浸透注入療法やU225を使った注入法をおすすめしています。
施術後はそのままご帰宅できます。
ご心配な方は帽子などをご持参ください。

05光治療(オプション)

20分間LEDの光を浴びるだけの簡単な治療です。LEDの光を毛頭細胞にあてることで、毛母細胞の発達を促し、毛脳発達を阻害する因子を抑制させます。
HARG療法とセット治療を行うとより育毛効果が発揮される治療法です。

※光治療はオプションとなっております。 光治療はこちら

06お支払い

当院でのお支払方法は3通りご用意しており、各種クレジットカード、秘密厳守の医療ローンなど、ご都合にあった無理のない方法をお選びいただけます。

●現金
●クレジットカード(VISA、JCB、AMEX、DINERSなど)
●低金利医療ローン(頭金0円から最長84回までの安心「医療ローン」)

お支払い方法について詳しくはこちらをご覧ください→

07次回来院予約・ご帰宅

HARG(ハーグ)療法は定期的な治療が効果的です。
1クール(1回/1ヶ月 計6回)をお勧めしています。

HARG(ハーグ)療法の症例写真

治療内容:HARG療法1/3  6回
副作用(リスク):注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が稀に現れる場合があります。
施術料金:480,000円(税別)

治療内容:HARG療法2/3  6回
副作用(リスク):注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が稀に現れる場合があります。
施術料金:600,000円(税別)

治療内容:HARG療法1/3  6回
副作用(リスク):注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が稀に現れる場合があります。
施術料金:480,000円(税別)

治療内容:HARG療法2/3  6回
副作用(リスク):注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が稀に現れる場合があります。
施術料金:600,000円(税別)

治療内容:HARG療法1/3  6回
副作用(リスク):注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が稀に現れる場合があります。
施術料金:480,000円(税別)

治療内容:HARG療法1/3  6回
副作用(リスク):注射により、熱感・発疹・赤み・掻痒感などの症状が稀に現れる場合があります。
施術料金:480,000円(税別)

発毛症例集一覧はこちら

<HARG療法の注意事項と副作用(リスク)>

HARG療法療法では、脂肪幹細胞を抽出し、培養して分泌される様々なたんぱく質を生成滅菌したAAPEパウダーを使用します。
一定期間継続して受けて頂く事により効果が現れてきます。
治療後は、施術部位から一時的ににじむ程度の出血がみられる場合がございますが、すぐに落ち着きます。
ヘアカラーやパーマは治療前後2週間は控えてください。

「AAPE」は国内では、薬事法上の承認を受けておりません。
※承認を受けていない医薬品について、厚生労働省ホームページに注意点が掲載されておりますので、ご参照ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

【国内の承認医薬品等の有無】
現時点では同一成分を有する国内承認医薬品はございません。
【主要な欧米各国における承認・使用状況】
米国FDA、韓国KFDAの承認取得済み。

+ 続きを読む

HARG(ハーグ)療法のよくある質問

HARG療法は必ず毛髪が再生しますか?
患者様の症状や状態によっても異なりますが、完全に毛髪が失われ頭皮が固くなっていると、HARGカクテルを注入しても細胞が再生しないこともあります。うぶ毛が存在する部位が治療対象となり、うぶ毛が細い毛に変わり、徐々に丈夫な毛に成長します。
症状や状態によりHARG療法以外の治療法もありますので、無料カウンセリングにお越しください。
HARG療法は何回で効果が現れますか?
効果の現れ方には個人差がありますが、平均的に3〜4回目で変化に気づかれるようです。月1回の施術ですから3〜4ヶ月目になります。あくまで目安ですが、早い方は2回目(2ヶ月)で効果を実感された方もいらっしゃいます。
HARG療法に使用するグロスファクターは安全ですか?
国内外で行われた数千例の臨床テストでも安全性が確認されています。
また、当院も所属する日本医療毛髪再生研究会での文献でも安全性及びアレルギーや副作用の心配がないことも実証されています。
HARG療法は痛いですか?
当院では、注射器による注入法(効果が出やすいメリットがあります)またはU225やMEDJET(メドジェット)を使った注入法で治療を行います。痛みに弱い方には針を使わないノンニードルHARG浸透注入療法(MEDJET注入法)やメソガンでHARGカクテルと成長因子を頭皮に投与します。
HARG療法の治療前や治療中にパーマやカラーリングしても大丈夫?
パーマおよびカラーリングは治療開始の2週間以上前に済ませてください。また、治療を開始すると1ヶ月おきに4回から6回の施術になりますので治療期間中は控えてください。最終施術後2週間以上経過したらパーマやカラーリングも大丈夫です。
HARG療法の施術時間はどのくらい?
施術の範囲にもよりますが、10〜20分程度です。施術前の消毒や麻酔、施術後に施術部位が落ち着くまでお待ちいただきますので、トータル40分〜1時間程度とお考えください。
HARG療法の後、髪をセットして帰れますか?帰宅後はシャンプーやお風呂は入れますか?
施術後の髪のセットは問題ありません。ただ、ブラシなどで引っかかないようにすることと、整髪剤は少なめにしてください。ご帰宅後は、軽くシャンプーをしていただいて結構ですが、指や爪で強く刺激しないようご注意ください。
HARG療法後、毛髪が生えてきたら、ずっと生え続けますか?
患者様にもよりますが、治療後2〜3ヶ月おきにフォローのカクテル注入をおすすめしています。ご自身の判断にお任せしておりますが、AGAの場合6ヶ月間のフォローをしないと再び脱毛するケースがありました。
HARG療法で白髪は黒くなりますか?
HARG療法は毛髪再生が目的であり、白髪を黒くする目的ではありません。しかし、HARG療法で使用される注入カクテルにグロスファクター(成長因子)を多く含んでいるため、過去に治療を受けた患者様で白髪が黒くなった例はあります。医学的な検証がされていないため、必ずとは言えませんが、治療によって黒髪に戻る可能性はあります。
HARG療法の治療期間と通院回数などを教えてください。
HARG療法の場合、3週間〜1ヶ月に1回の間隔で、6回(1クール)を目安に通院していただきます。
HARG終了後は、改善した頭皮を維持するためにも内服薬、塗り薬等の治療をご案内しておリます。

アクセスAccess

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-324-871 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制)
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
地図

Google Map

ご相談・カウンセリングは無料です。
まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください

  • 0120-324-871
  • カウンセリング・初診料・再診料は無料!相談・カウンセリング予約

Menu