よくある質問|横浜中央クリニック

top トップ > よくある質問

よくある質問

時間と費用をあまりかけずに薄毛・抜け毛対策は出来ますか?
可能です。対策の1つとして「プロペシア」「ミノキシジル」「薬用シャンプー」などのお薬・医薬品のご用意をさせていただいております。また当院では、患者様の時間と費用の負担を少なくするために診察料・カウンセリング料は無料とさせていただいております。会社帰りや、休日にお気軽にご来院いただくために院内処方を行っておりますので、ぜひお立ち寄りください。
「プロペシア」「ミノキシジル」などの薬だけで毛髪は再生しますか?
患者様の薄毛・抜け毛の進行具合によっては可能の場合もございます。進行具合が初期よりも進んでいる方には、HARG療法を勧めさせていただいております。初期の段階の方も多くいらっしゃいますので、お早めにご相談ください。
HARG療法は必ず毛髪が再生しますか?
患者様の症状や状態によっても異なりますが、完全に毛髪が失われ頭皮が固くなっていると、HARGカクテルを注入しても細胞が再生しないこともあります。うぶ毛が存在する部位が治療対象となり、うぶ毛が細い毛に変わり、徐々に丈夫な毛に成長します。
症状や状態によりHARG療法以外の治療法もありますので、無料カウンセリングにお越しください。
HARG療法は何回で効果が現れますか?
効果の現れ方には個人差がありますが、平均的に3〜4回目で変化に気づかれるようです。月1回の施術ですから3〜4ヶ月目になります。あくまで目安ですが、早い方は2回目(2ヶ月)で効果を実感された方もいらっしゃいます。
HARG療法に使用するグロスファクターは安全ですか?
国内外で行われた数千例の臨床テストでも安全性が確認されています。
また、当院も所属する日本医療毛髪再生研究会での文献でも安全性及びアレルギーや副作用の心配がないことも実証されています。
HARG療法は痛いですか?
当院では、注射器による注入法(効果が出やすいメリットがあります)またはMEDJET(メドジェット)を使った注入法で治療を行います。痛みに弱い方には針を使わないノンニードルHARG浸透注入療法(MEDJET注入法)でHARGカクテルと成長因子を頭皮に投与します。
HARG療法の治療前や治療中にパーマやカラーリングしても大丈夫?
パーマおよびカラーリングは治療開始の2週間以上前に済ませてください。また、治療を開始すると1ヶ月おきに4回から6回の施術になりますので治療期間中は控えてください。最終施術後2週間以上経過したらパーマやカラーリングも大丈夫です。
HARG療法の施術時間はどのくらい?
施術の範囲にもよりますが、10〜20分程度です。施術前の消毒や麻酔、施術後に施術部位が落ち着くまでお待ちいただきますので、トータル40分〜1時間程度とお考えください。
HARG療法の後、髪をセットして帰れますか?帰宅後はシャンプーやお風呂は入れますか?
施術後の髪のセットは問題ありません。ただ、ブラシなどで引っかかないようにすることと、整髪剤は少なめにしてください。ご帰宅後は、軽くシャンプーをしていただいて結構ですが、指や爪で強く刺激しないようご注意ください。
HARG療法後、毛髪が生えてきたら、ずっと生え続けますか?
患者様にもよりますが、治療後2〜3ヶ月おきにフォローのカクテル注入をおすすめしています。ご自身の判断にお任せしておりますが、AGAの場合6ヶ月間のフォローをしないと再び脱毛するケースがありました。
HARG療法で白髪は黒くなりますか?
HARG療法は毛髪再生が目的であり、白髪を黒くする目的ではありません。しかし、HARG療法で使用される注入カクテルにグロスファクター(成長因子)を多く含んでいるため、過去に治療を受けた患者様で白髪が黒くなった例はあります。医学的な検証がされていないため、必ずとは言えませんが、治療によって黒髪に戻る可能性はあります。
治療期間と通院回数などを教えてください。
HARG療法の場合、3週間〜1ヶ月に1回の間隔で、6回(1クール)を目安に通院していただきます。できれば治療後も育毛・発毛促進と状態維持のために2ヶ月に1回程度の通院をおすすめしています。プロペシアやミノキシジルはご希望の月数分を処方できますので、ご希望をお伝えください。
横浜中央クリニック
髪の健康診断はこちら
もっと症例写真を見る

横浜中央クリニックの「AGAブログ」